読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強の株式投資法

株だけで暮らせるようになりたい。そんな思いから投資に関する本はかなり読んできた。読むたびに新しい発見があったりして、どれもとても良い本であった。だがしかし、投資に関する本で本当に良い本とはなんだろうと考えてみると、書かれている内容を実践したら誰でも利益が出せる本なのではないかと。

 

これまで読んだすべての本は私に利益をもたらしてくれただろうか...。そんな観点で思い直してみると、私に利益をもたらしてくれたと断言できる本が2冊あった。

 

 まず1冊目は岩崎日出俊著『不透明な10年後を見据えて、それでも投資する人が手に入れるもの』(SBクリエイティブ)。この本はどんな商品に投資をすれば良いかが端的に書かれている。著者はAmazonAppleGoogleFacebookの株を買うか、ダウに連動したETFを買うべしと述べているが、その根拠も明確。この本を読んで、ダウに連動する投資信託の購入を決めた。

不透明な10年後を見据えて、それでも投資する人が手に入れるもの

不透明な10年後を見据えて、それでも投資する人が手に入れるもの

 

 

 2冊目は星野泰平著『半値になっても儲かる「つみたて投資」』(講談社)。こちらはどういう買い方をすれば儲かるのかを述べている。要は定額積立投資なのだが、買値から半額になったとしても儲かる(ことがある)というのでこれも実践してみることにした。(本書では実践例が豊富に紹介されているので、どういった場合に利益が出るのかとてもわかりやすい。)

半値になっても儲かる「つみたて投資」 (講談社+α新書)

半値になっても儲かる「つみたて投資」 (講談社+α新書)

 

 

 ちなみに私が定額積立投資を始めたのが昨年の3月。それ以降毎月50,000円ずつ「SMTダウ・ジョーンズ・インデックス・オープン」を購入している。そして現時点での投資成績は以下の通り。

f:id:mrgood:20170108223417p:plain

 

まだ10か月しか経っていないが、すでに約18%の含み益が出ている。今後もダウが上昇をしていく保障はないが、そこは定額積立投資。半値になっても儲かる(こともある)ので今後も根気強く続けていきたいと思う。

 

もちろん個別株でも結果を出せるように試行錯誤はしていくつもりである。

 

ダウはしばらくは上昇していくか?

www.nikkei.com

 

なんだかんだアメリカってやっぱりすごい。投資対象として文句はない。

www.nikkei.com

12月5日(月)の投資記録

最近、我が家の近くではとある外食チェーンのお店が増えてきている。それは「株式会社ホットランド(3196)」が運営する「築地銀だこ」である。私もたまにお店に行くが、いつも盛況である。これは今後の成長に期待できるのでは...

 

そう思い四季報を開いてみると、状況はあまり良くない模様。たい焼き店の不調、カフェや海外進出費用が重荷になっており、今期は減益予想。これは投資見送りが賢明かとも思ったが、今出店しているお店が軌道に乗れば、来年はまた業績が上向くのではと思い試しに買ってみることにした。

 

今回は1,155円で100株の購入。12月は株主優待の権利確定月でもあるので、確定日の前で一回利益確定をして(買値より上がっていれば)、権利落ちで下がったところでまた買いを入れようと思う。

 

少し前の記事ではあるが、銀だこの出店加速について書かれている。いつも大盛況の銀だこハイボール酒場は通常のたこ焼き店よりも利益率が高いという。これは期待できる!(かもしれない…)

www.nikkei.com

今年、買ってよかった物

お題その2「今年、買ってよかった物」

 

今年、買ってよかった物。それはセイコーアストロンという腕時計である。アストロンを買う前は別の機械式時計を使用していたが、その時感じていた不便さがこのアストロンを買ってからは少しも感じなくなった。

 

以前使用していた機械式時計は自動巻きではあるものの、2~3日着用していないと時計は止まってしまう。そしてそこそこ時間は正確ではあるにしても、月日が経てば若干ズレてくる。でもそれ以上に不便に感じていたのがカレンダーである。2月、4月、6月、9月、11月といった31日までない月でもカレンダーは31日まで表示される。これを直すのが個人的にはとても面倒であった。たまに直すのを忘れて、日付を勘違いしたことも何度かある。

 

しかしこのセイコーアストロンにはパーペチュアルカレンダー機能がついており、自動で日付を修正してくれるのだ。これでやっと日付を修正する面倒さから解放される...そんなわけで迎えた11月30日。せっかくなのでどのようにカレンダーが変わるのか撮影してみることにした。

 

youtu.be

 

とても地味に31日がスルーしていったが、自分の中ではちょっと心踊る瞬間であった。

 

結論→パーペチュアルカレンダーはとても便利である。

 

 私が購入したSBXB045。チタン素材でとても軽いのも気に入っているポイントである。

 

 

11月29日(火)の投資記録

先日買った日本製罐(5905)の株価がなかなか上がってくれなくて、気分も上がらない今日この頃。だがしかし、そんなことでめげてはいけないので今日も銘柄選びをコツコツと。

 

株価がドカンと上がる銘柄にはどんな特徴があるのだろうか。そんなことを調べていると、株価がずっと横ばいで何かしらのビッグニュースがあると急上昇することが多いという情報を得た。それならば今日は出来高が急増した銘柄を中心に検索してみることにした。

 

私は楽天証券を使っているので、Market Speedで出来高乖離率上位銘柄をリストアップし、すべてのチャートと四季報を見てみた。すると気になる銘柄が2つ出てきた。

 

f:id:mrgood:20161129112714j:plain

 

1つめは「イマジカ・ロボット・ホールディングス(6879)」。この会社はおもに映像制作を行っている会社であるが、今年度は黒字化の予想で、今期の業績も今のところは好調である。冬休みには『妖怪ウォッチ』、『海賊とよばれた男』の映画もあり、さらに注目を集めるのでは...と思い買いを入れてみた。

 

2つめは「ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)」。こちらは株主優待の拡充がリリースされたということで出来高が急増した銘柄である。とはいえ業績も好調で日本酒税が下がるのではというニュースもあり、上昇が期待できそうである。ただ、優待ニュースは一時的ではと思い、少し低いところで買い注文を入れてみたが、前場では約定せず。しばらくは動向を見守りたいと思う。

貯金の方法

お題「貯金の方法」

 

現在、私の貯蓄額は1,000万円ほど。社会人になりおよそ10年になるが、その間は家計簿をつけるなど、細かくお金の管理をしていたわけではない。気づいたら貯まっていたという感じである

 

ではどんな風に貯蓄をしてきたかというと、それは天引きである。給料日当日に決められた額を積立貯蓄に回し、残った分でやりくりする。お金のことであまりやきもきしたくはないので、貯蓄をして残った分については何も考えず好きに使うことにした。

 

これは自分にとても合っていたと思う。個人的にはお金を貯めることもお金を使うことも大事だと思っているので、貯蓄をしつつも(限られた範囲ではあるが)好きにお金を使うことができるのがノーストレスでとても気持ちがとても楽であった。

 

というわけで次の目標は1億円と言ってみる(たぶん無理)。

11月24日(木)の投資記録

 先日、持ち株をすべて損切りし、資金の大部分を銀行に移した。そして残った資金は220万円。元手としては多くはないが、今度は確実に増やしていきたいと思う。

 

そんなわけでまずは一銘柄、日本製罐(5905)を149円で1,000株購入してみた。この会社は缶を作っている会社だが、同業他社が廃業したこともあり業績は上向き。2017年3月期の業績予想も前年同期比でかなり伸びているので試し買いをしてみることにした。

 

これだけ業績が良くなるのだから株価もそれに合わせて上がるに違いない。とにらんでいたが、よくよく調べてみたら子会社の新生製缶が連結化されたことによる上振れと知る...

 

さてどうなるか。

 

 

【参考書籍その1】

新高値投資術というのもすごく参考になったのだが、個人的には以下のことがとてもタメになった。

・投資対象は最大5銘柄

・1銘柄への投資上限額は総資金の5分の1

・1銘柄あたりの投資上限額の5分の1を最初のエントリーで投入。

 

 【参考書籍その2】

投資用の資金が少ないので、投資対象は低位株にしぼってみようということで読んでみた。低位株というと危ないというイメージがあるが、その中でも値下がりリスクが少なく上昇しそうな株を見つけるための方法がとても参考になった。

目指せ10倍  低位株投資ライブセミナー

目指せ10倍 低位株投資ライブセミナー

 

 

みずほプレミアムクラブへの道

お金持ちになりたい...

 

そんな思いから株式投資を初めて10年近く経つが、儲かったり損したりでこれまでの収支は若干のプラスという程度。だけども現在の保有銘柄はすべて含み損を抱えており、今売却すると収支はマイナスという悲しい状況。余裕資金で行っているし上がるまで気長に待つかと思い、損切りはせずにずっと塩漬けにしていた。

 

そんな塩漬け銘柄は本日の朝にすべて売却した。というのは、みずほ銀行の「みずほプレミアムクラブ」というものに入会してみたくなったからである。詳しい入会基準は明らかにはされていないが、色んな方のブログを見ると、みずほに1,000万円以上預けているとインビテーションが届くようである。入会審査が行われるのは12月末とのことなので、今保有している塩漬け株はさっさと売却してみずほに移そうと思ったわけである。

 

となると目も覆いたくなるような損失額も新たな目標ができれば、苦にならずサクサク売却を進めることができた(泣)。とりあえずみずほには1,000万円になるように証券口座から資金を移し、残った資金で細々と株式投資は続けていこうと思っている。

 

私のもとにもインビテーションがくるのかどうか。非常に楽しみである。

みずほプレミアムクラブ:ログイン