読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『コスパ飯』(成毛眞著、新潮新書)

究極の卵かけご飯のために購入する二〇〇〇円の醤油は高いか?

最高の投資効率を保証する、知的美食のすすめ。

 

こんな帯の文句につられてつい買ってしまったのが『コスパ飯』(成毛眞著、新潮親書)である。ちなみに二〇〇〇円の醤油というのは、「風の仕業」が出している燻製しょうゆである。このしょうゆは私も使っているが、しっかりと燻製の香りがついており卵かけご飯に使うととても美味しい。

 

燻製しょうゆはオンラインでも購入可。

www.kazenoshiwaza.com

 

本書では成毛氏がいろいろな食べ物を紹介している。そのどれもがとても美味しそうなのだが、その中で私が気になったのが「えべチュンら~めん」である。私はもともとラーメン好きということもあるのだが、成毛氏のおすすめの作り方を読んでいたらいてもたってもいられなくなり、「えべチュンら~めん」を買いに行くことにした。(えべチュンとは北海道江別市ゆるキャラ

 

幸いなことに我が家の近所には北海道どさんこプラザ(有楽町駅前)と北海道フーディスト(東京駅前)という2軒のアンテナショップがある。2軒のどちらかには置いてあるだろうという根拠なき自信をもって出かけたのだが、結果は惨敗。

 

まずは有楽町のどさんこプラザに足を運んだのだが、ここにはなし。だがこのアンテナショップには北海道フーディストよりは品数が少ないと個人的に思っていたので想定の範囲内。次に北海道フーディストに足を運んだのだが、そこで驚愕の事実が判明した。なんと北海道フーディストは店舗移転準備の真っ最中でお店の中に商品はほとんどなし。一応店内を一通り見てみたがそこに「えべチュンら~めん」はなかった。

 

 というわけで、「えべチュンら~めん」はおとなしくAmazonで購入した。成毛氏おすすめの作り方を試すのが非常に楽しみである。

えべチュンら?めん しょうゆ10人前
 

 

今回の参考書籍。読んでいるだけでお腹が空いてくる罪な1冊。えべチュンら~めん以外にも成毛氏のオリジナルレシピが多数紹介されているが、どれも間違いなく美味しい(食べてないが)。私は片っ端から真似しようと思っている。

コスパ飯 (新潮新書)

コスパ飯 (新潮新書)