読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『お腹やせの科学 脳をだまして効率よく腹筋を鍛える』(松井薫著、光文社)

読書 健康 ダイエット

昨年は暴飲暴食のせいで体重が激増。かつて75kgだった私の体重は86kgにまで増えた。これまで着ていたスーツや洋服はことごとく着れなくなり、なんだか切ない気持ちになった。そこで新年の誓いではないが、ダイエットをしてもとの体形に戻すことを決意したのが2017年1月1日。

 

ちなみにその時点での私の身体データは以下の通り。

体重:86.0kg

体脂肪率:24.2%

 

1月はジムでの筋トレと有酸素運動でひとまず体重マイナス2kgを目指すことにしたのだが…昨日の朝に乗った体重計には以下の数値が表示されていた。

体重:87.1kg

体脂肪率:24.8%

 

ふ、増えてる...

 

そして気になるウエスト周りを測ってみるとなんと96cmもあるではないか。これはもう完全にメタボである。というわけでまずはポッコリと出てしまったお腹を凹ませることに集中するため、下記の書籍で紹介されていた※「お腹絞り5秒」トレーニングをやってみたいと思う。

 

※ちなみに「お腹絞り5秒」トレーニングとは...

 

息を吸い、お腹をへこませた状態から息を吐いて腹圧をかけ、空き缶をつぶすようにして腹筋を上下に押し潰す方法です。

 

今回の参考書籍。

お腹やせの科学 脳をだまして効率よく腹筋を鍛える (光文社新書)

お腹やせの科学 脳をだまして効率よく腹筋を鍛える (光文社新書)

 

 

 お腹太りを解消し、見栄えをよくするためには、やはり腹直筋を鍛えるのが手っ取り早いでしょう。

 

本書ではそんなメッセージとともに、お腹を鍛えるエクササイズが多数紹介されている。すべてに手を出すのではなく、まずは基本形のみに集中し、今月はウエストマイナス6cm、体重マイナス2kgを目指したいと思う。